家庭学科 調理科

食生活と健康

食品と栄養の特性

食品の安全と衛生

調理理論と食文化概論

調理実習

総合調理実習

和・食・中の専門技術+パティシエ

 調理科では、普通科目と調理の専門科目を履修し、高校卒業と同時に無試験で調理師免許を取得することができます。1年次では調理の基礎を学び、徐々にステップアップし、3年次には和洋中の料理を総合的にマスターします。また、パティシェにも挑戦できるようスイーツの技術も学ぶことができます。地域と連携して高校生レストランにも取り組みます。

  • ■ 厚生労働省の認可調理師養成施設
  • ■ 高校卒業と同時に調理師免許の取得が可能。
  • ■ 進路は一流レストランへの就職、大学への進学。
  • ■ 調理の知識や技術だけでなく、食の大切さや感謝の心を学び食文化の継承を担う。

調理 担当
中村 篤志 先生

 「食」に関する仕事に興味をお持ちのみなさん、調理師免許取得が目指せる調理科で一緒に勉強しませんか?
料理はほとんどやったことがない・・・でも大丈夫です。調理実習では、和食洋食中華の料理からお菓子作りまで、基礎から学んでいきます。だしの取り方や包丁の使い方にはじまり、本格的に料理が作れるようにがんばっていきましょう。
調理師は人を幸せにできる素敵な職業です。
一緒に夢に向かって走りましょう。

在校生
原田 静香
(鳥取市立鹿野中学校出身)

 母の影響で小さい頃からお菓子作りが好きでした。
小学生の時から、食べた人が笑顔になれるようなお菓子を作りたいと思い、パティシエを目指して調理科を受験しました。
調理科の専門科目では、調理理論や食品学を学ぶことができ、美味しくて栄養のバランスの整った料理を作るために必要な知識を、身につけることができます。
調理実習でたくさんの食材や包丁に触れるので毎回の授業が楽しみです。
美味しい料理やデザートが作れるようになって、たくさんの方に食べて頂きたいです。

カリキュラム

1年次

一般教科のほか調理理論、食品学などの専門科目を履修。調理実習では、包丁の研ぎ方、動かし方を学び、各料理の基礎から学びます。

2年次

調理実習の内容は基礎から応用へとステップアップ。プロとして実践で使える技術と知識を身につけます。テーブルマナーなどの研修もあります。

3年次

和・洋・中の料理を総合的にマスター。外部のシェフをお迎えして、力を付けていきます。集団調理実習も行い、自分の夢に向かってラストスパートです。

進学・就職

コンクール実績

全国米粉料理コンテスト中国・四国地区決勝大会

優秀賞受賞「コメコワーズ」

三ツ國 亜美(鳥取市立高草中学校出身)

優秀賞受賞「カップで抹茶シフォンケーキ」

岩本 ゆり子(琴浦町立東伯中学校出身)

教育提携校

卒業生の声

上田 永吉(倉吉市立河北中出身)

2014年3月卒業(調理科2期生)ホテルセントパレス倉吉 勤務

社会に出て3年目、卒業して大阪にでて1年半働き、今は高校時代のインターンシップでのご縁もあり、セントパレス倉吉に勤務しています。初めは場所、状況も変わった環境の中、とまどう事がたくさんありました。今では高校3年間勉強してきた事をきちんと理解し、仕事に活かす場面がふえています。
調理科で学んだノートや教科書は、今見返しても勉強になります。倉吉北高調理科で勉強した3年間は、かけがえのないものになっています。